ビルボード参戦します!!!

突如発表されたスキマスイッチ×BENNIE SINGSビルボートプレミアライブ
電話予約、しかも平日11時発売!これは激戦の上そもそも電話すらかけられないのでは…と
思って予定を見たら今日本当にたまたま仕事が休みでガッツポーズ!

ビルボードに行ったことのあるスキ友さんに席数少ないからかなり予約取りにくいよと
情報をもらったものの、この偶然の運の良さでもう取るしかないでしょう!と
また根拠の無い自信が生まれいざ尋常に勝負!

その結果…

24分の格闘の末チケットが取れました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

やりました。スマホと家電の2台持ちでかけ続けること350回以上…
(スマホの発信履歴みたら170回以上かけてました笑)
家電でかかりました!予約センターのお姉さんの声を聞いた瞬間安堵と脱力感でいっぱい。。。

残念ながら狙っていた自由席は既に予約がいっぱいだったものの
カジュアルエリアの良い指定席を確保することが出来ました!
もう参加出来るだけでありがたいです…本当…(涙)

これで今年のre:Actionツアーには3公演に参加する運びとなりました。
来月から月1でスキマに逢えるぞー!!!
ああ、楽しみ。楽しみすぎる。。。

ということでかなり今テンションが上がっております(笑)

そして先月末のスペシャルイベントですが、年度末のバタバタで更新出来ておらず申し訳ないです。
ある程度覚え書きしておいたのと記憶と照らし合わせればまだまだ書けるんですが
少しずつ仕上げてブログにアップ出来ればいいなあと思います。

イベント内容は全く不明なまま都内某所に集められ、
トークイベントに若干の不安を覚えたものの(笑)結局とってもスペシャルなイベントで大満足でした♪

特にトークの端々で卓弥くんとシンタくんの相棒愛や信頼が改めて感じられて
約10年前の不仲説(実際不仲だったんですけどね)の頃を思い出すと
よくあの危機を乗り越えてくれたなあ、と感謝の気持ちでいっぱいになります。

年度末、新年度のバタバタも少し落ち着いて来たので
2017年度ものんびり更新していこうと思います★

ではでは、また!
スポンサーサイト

運が尽きたと思いきや…

この運の流れなら、絶対当たる!と思いこんでいた
SINGのジャパンプレミアに見事に外れ失意のどん底にいたわけですが
捨てる神あれば拾う神あり

招待状

TSUTAYA特典のスペシャルトークイベントの招待状が今日届きました!!!!
わーい!わーい!

整理番号は100番台ですけどね、それでも逢えるだけで良いんです。
ここ数年整理番号系の運はとてつもなく悪いので気にしません(笑)
※2000人規模のスタンディングで2100番台(?!)とか、後ろから5人目くらいとかしょっちゅう…

肝心のトークイベントの内容がさっぱり分かりませんが、
卓弥くんとシンタくんに逢えることが一番のシアワセなので楽しみに待ちます♪+.*

話は戻るんですが、SINGのジャパンプレミアはDELUXEのしか応募しなかったんですよね。
根拠のない自信と、もし複数当たった時に申し訳ないなと言う気持ちからだったんですが、
外れてからDELUXEとの相性の悪さを思い出しました。。。

チケット運、席運もそうですが最後にDELUXEの観覧やプレゼント企画に当たったのいつ?
という感じで思い起こせばハロエスのPVも外れて悔しさのあまり未だにPV見られないんですよね…
でもスキ友さん2人が参加してたのでまだ私の無念を託せた気がします(笑)

こんなに悔しい思いをするなら公式とか他のところからも応募しておけば!と思いましたが
その分トークイベントが当たったり、良いことがあったので報われました。

とにかくTSUTAYA様ありがとうございます!
このイベントのレポもクローズドなもの以外するつもりなので乞うご期待★

これからも懲りずに応募しつづけます!
ではでは、また!

しみじみと

銀座の方に用事があったので、それを済ませてから思い立って山野楽器銀座本店に行ってきました♪
先週の発売週に行けなかったので偶然ですが行くことが出来て良かったです!

山野楽器銀座

発売から1週間経った今も入口入ってすぐの大きなスペースにどんと構えておりました!
CDの横にはおそらく先週のイベントで書いたであろう直筆メッセージも添えられていました。

直筆メッセージ

タイトルと絵はシンタくん本文は卓弥くんですね!
相変わらずの絵心と美文字にうっとりです+.*

ちなみに画像だと見にくいんですが、1枚目の右側の円形のものは鉛筆で、
ジャケット撮影で実際に使われたホンモノとのことでした!
円筒に入ってるとはいえこんな貴重なモノを近くで見れるとは…!

そして、階段ではミニパネル展が。

パネル展

前に何かの時に一回ミニパネル展に足を運んだことはあるんですが、
ここ最近は全く期間中に来れていなかったので本当にラッキーでした★
前回こうやって飾られていたパネルの内の一つが今手元にあるなんて夢みたいです。
(2/14の記事参照)

パネル

一部ではありますが、アー写とジャケットが並んでいて懐かしいやら思い出深いやら。
結構上が3部作の頃で、下が比較的最近のという組み合わせが多くて
シンタくんのふさふさのアフロにもはや違和感を覚えます(笑)
もともとファンになった時から似合いすぎてて(?)シンタくんのアフロを気にしたことが無かったので
今見ると本当に立派で真ん丸だったなあ…なんて。

パネル2

全体像はこんな感じ。

アナジャケ

そしてこれまた貴重な山野楽器購入特典アナザージャケット一覧!
私は大抵通勤途中の駅にある山野楽器で購入するので半分くらいは持っているんですが、
初めて見るものもあってこれだけでも来た甲斐がありました♪

パラボラヴァアナジャケ

中でも私の一番好きな曲『パラボラヴァ』のアナジャケは
( ゚Д゚)何故持っていないんだ私いいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
と思わず叫びたくなる素敵なショットでした。
この時通販で買ってたのかなあ。今となっては思い出せませんが大変悔しいです(`o´)

光の射し具合とか、2人の表情とか、ずっと見ていられるショットだなあ…と見惚れていたら
ミニパネル展だけで20分くらい経過してました(笑)

最後に、逆側の階段ではアー写に使われた鉛筆の実物が展示されていました!

鉛筆

これがもう予想以上に大きくて、多分鉛筆1本=大人1人くらいのサイズでした。
全体を写そうとするとこれくらい遠くからでないと撮れないという。。。

鉛筆・大

近くで見るとこんな感じ。やっぱり大きい!
こんなに1組のアーティストのために色々やってくれるCDショップもなかなかないですよね。
しかも山野楽器さんは毎回取り上げてくれて、色々協力もしてくれて…
ファンとしても本当に嬉しいしありがたいなあと思っています。ありがとうございます! 
(こういう時だけさん付け)

パネルが当たってからスキマ運がぐんぐん上昇していると
前にもお話ししましたが、まだまだ上を目指せそうな感じです!!
3月も絶対当ててみせます★頑張ります!

ではでは、また!

特典手渡し会に行ってきました★

♪ふれてみたいよ それを忘れてはいけないのだ!

ファンを12年やっていても、2人と物理的にお近づきになることは滅多にありません。
ましてやふれることなんてもっとありません。
それだけ貴重な機会に参加させていただきました♪

私が参加したのはTSUTAYAの特典手渡し会。
銀座のは事前抽選だったので間に合わず、タワレコは行けることは行けるけど
手渡し会目的で複数買いするのは自分の信条に合わなかったのでやめました。

…といっても、twitterで原宿や銀座に出没する卓弥くんとシンタくんを見ていたら
いてもたってもいられず、心の準備という名目でタワレコをのぞきにいくことにしました(笑)

タワレコ

着いたのは16:10頃で、どこでやってるのかな~と4階をウロウロしていたら会場を発見!
…何ともう終わっていました(゚д゚)!
え?手渡し会って16時からだよね?10分もしないで終わるの?
状況がよく掴めないまま、とりあえずTSUTAYAへ行ってみることに。

すると、1階のスキマ新譜コーナーの周りだけ人がわさわさ(笑)
既にスキマニアのみなさんがサインを書きに来るのを待っていました。
私もちょっとだけ待ってみたんですが、この状態じゃ来れないだろうな~と思って散策に。

その時にちょっと小耳に挟んだ情報によると、
タワレコは結構流れ作業で一言話せるかどうかだったそうで。
どうやら前回の手渡し会とはちょっと違うみたい…?
そんな不安を抱えながらもついにやってきた手渡し会へのカウントダウン。

外の非常階段に並び、今か今かと待つあの時間のドキドキと言ったらないです。
たまたま集合が掛かった時に近くにいたので8番目くらいだったんですが、
寒さというよりも緊張で手が冷たくなってガチガチでした(笑)

re:Actionに対するリアクション

熱が冷めないうちに語ろうと思います!

今まですべての曲を2人で作り上げてきたスキマスイッチが時代を代表する
素敵な素敵なアーティストの皆さんと曲を生まれ変わらせた意欲作『re:Action』。

正直なところ、私は他の人の毛色が入った曲はスキマの色が薄れるので
あんまり好きではありませんでした。
でも、色んな人とコラボすることで卓弥くんとシンタくんの音楽の幅が広がって、
プロデュースしてくださった方々のファンの人たちがスキマスイッチを聞くきっかけになってくれれば
それはとても嬉しいことだなあと思うので結果として良かったと思えます♪

実際に聞いてみて、やっぱり私は特にシンタくんの編曲が好きなんだなあと言うのが分かったし
(昔スピッツの草野マサムネさんの木綿のハンカチーフをシンタくんが編曲したときに
ああ、シンタくんの色がスキマスイッチを作っているんだと感動したことをよく覚えています)
スキマには無いアレンジを難なく歌いこなす卓弥くんの新録の歌声も好きだなあとしみじみ。

否定でも肯定でもなんでもなくて、
スキマスイッチは1+1であってそれ以上でもそれ以下でもないんだと思っています。

なんだか中途半端に長くなりそうなので追記に続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。